文学と彫刻のまち盛岡

彫刻の街

笛吹き少年像

作者:舟越保武町の真ん中を流れる中津川は、市民に愛される清流です。盛岡市役所の裏庭、 中津川のせせらぎに向かって横笛を吹く「笛吹き少年像」の清らかな姿は、 不思議な情感をたたえてメルヘンの世界を思わせます。

所在地 :盛岡市内丸 盛岡市役所裏庭
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

はばたき

作者:舟越保武市役所そばの県民会館正面の右外壁の中空に立つのが、「はばたき」です。 このブロンズ像は釧路市幣舞橋(ぬさまいばし)に立つ「道北の四季」の有名な「春」の女性像の先駆をなす作品です。

所在地 :盛岡市内丸 県民会館正面右外壁中空
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

杏(あんず)

作者:舟越保武テレビ岩手庭園では、杏の実を両手のひらに持つ「杏」の美しい少女像に出会えます。

所在地 :盛岡市内丸 テレビ岩手庭園
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

新渡戸稲造像

作者:高田博厚市役所そばの与の字橋ぎわには「新渡戸稲造像」 が建っています。この彫刻は、高い理想に燃えながらも、現実の無理解と戦わなければならなかった稲造の、 苦悩と強さを表現した作品です。

所在地 :盛岡市内丸 与の字橋右岸
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

教育記念像

作者:堀江赳盛岡城跡公園内の芝生広場には 「教育記念像」が建っています。台座には、昭和の初めに溺れかかった教え子を救助しようと、 不幸にもなくなった小国テル子先生の碑がはめ込まれています。

所在地 :盛岡市内丸 岩手公園内芝生広場
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

瀬川正三郎像

作者:舟越保武盛岡城跡公園内の中津川河畔には、 柔道教師ののちに市内で整骨業を営み、 生活に困っている患者は無料で診察して市民に愛された「瀬川正三郎像」が建っています。

所在地 :盛岡市内丸 中津川河畔公園敷地内
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

教育の像

作者:小野寺玉峰盛岡城跡公園そばの県立図書館跡には、 岩手の教育の重要性を広く訴えたブロンズの「教育の像」が建っています。

所在地 :盛岡市内丸 県立図書館前庭
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

滝川と鮭

作者:柵山龍司盛岡駅前広場のカスケード(人口の滝)「滝川と鮭」は、駅前の顔です。 毎分3.5トンの水が流れ落ちるオブジェは、旅人の目を十分に楽しませてくれます

所在地 :盛岡駅前広場
アクセス:でんでんむし号 盛岡駅前下車

少年啄木像

作者:本田貴侶希望に胸をふくらませて、厳しい北国に立つ少年 石川啄木のひたむきな姿。 大通の丸藤前に建つ「少年啄木像」です。この界隈は、かつて盛岡城菜園の跡地でした。 この付近と盛岡城跡公園公園は、少年啄木にとって青春の詩情の泉であったことでしょう。

所在地 :盛岡市大通 丸藤前
アクセス:でんでんむし号 中央通二丁目下車

原敬像

作者:本山白雪県公会堂前に建つ「原敬像」は、 平民宰相と呼ばれた彼の生き方と人柄を偲ばせる彫刻です。

所在地 :盛岡市内丸 県公会堂前
アクセス:でんでんむし号 内丸下車

佐野常民胸像

作者:榊原猛中央通にある日本赤十字社岩手県支部の前には、日本赤十字社の創立者で初代社長だった「佐野常民胸像」 が建っています。

所在地 :盛岡市中央通1丁目 日赤岩手県支部
アクセス:でんでんむし号 中央通一丁目下車

杉立義郎像

作者:吉川保正岩手医科大学の西側角には、岩手病院(現在の岩手医大付属病院)の院長だった「杉立義郎像」 が建っています。

所在地 :盛岡市内丸 岩手医科大学西側角
アクセス:でんでんむし号 医大前下車

ひまわり

作者:佐藤忠良桜の名所であり、ボート遊びも楽しめる 高松の池は、野鳥や自然を観察する 市民の憩いの場です。 高松公園に建つ「ひまわり」は、シベリア慰霊碑として建てられました。

所在地 :盛岡市高松 高松公園
アクセス:岩手県交通バス駅上田線 高松の池口下車

平和祈念像“望み”

作者:増山俊春 監修:舟越保武高松公園に建つ「平和祈念像“望み”」は、 核兵器のない世界をめざして不戦を誓い、終戦50周年を記念して建てられました。

所在地 :盛岡市高松 高松公園
アクセス:岩手県交通バス駅上田線 高松の池口下車

北田裸城翁像

作者:吉川保正高松の池畔の小高い丘に、 盛岡市長として市民の師・父と仰がれた「北田裸城翁像」が建っています。

所在地 :盛岡市高松 高松の池池畔
アクセス:岩手県交通バス駅上田線 高松の池口下車

新渡戸稲造銅像

作者:朝倉文夫中津川の下流に架る、下の橋そばの生誕の地にある 「新渡戸稲造銅像」は、 没後50年を記念して市民の浄財で建てられたものです。 太平洋戦争中は、その業績はほとんど無視されていましたが、戦後、その役割が正しく見直され、 太平洋の両岸で再評価されています。

所在地 :盛岡市下ノ橋町 下の橋そば
アクセス:岩手県交通バス 下の橋町下車

柴内魁三像

作者:菊池政美北山の県立盲学校では、目の不自由な方たちが学んでいます。同校の構内に建つ「柴内魁三像」 の台座には、「しばないせんせい」とひらがなで刻まれ、 盲学校の生徒たちが指でなぞって読めるようにしてあります。 柴内は、岩手県の盲ろう教育に生涯をかけた人です。

所在地 :盛岡市北山1丁目 岩手県立盲学校構内
アクセス:岩手県交通バス駅上田線 郵便局前下車徒歩10分

米内光政像

作者:堀江赳八幡宮境内には、 驚くほど大きな「米内光政像」 が建っています。 米内は盛岡出身の海軍大臣・首相で、「良識の提督」として信望をあつめました。

所在地 :盛岡市八幡町 八幡宮境内
アクセス:岩手県交通バス中央線 八幡宮前下車

青年の像

作者:舟越保武県営運動公園にある「青年の像」は、岩手山の雄大な山容をバックに、 彫刻がモーターでゆっくりと回転しています。

所在地 :盛岡市みたけ 県営運動公園
アクセス:岩手県交通バス厨川中央線 運動公園口下車

作者:高田博厚県営体育館前に建っている「空」は、題名どおり北国の大空を連想させる彫刻です。

所在地 :盛岡市青山町 岩手県営体育館前
アクセス:岩手県交通バス青山町線 県営体育館前下車

三人の妖精

作者:アリスティード・マイヨール県立美術館を訪れたら、 「三人の妖精」と出会ってください。 作者のマイヨールは、ロダンやブールデルと並ぶ近代彫刻の巨匠といわれる作家です

所在地 :盛岡市本宮字松幅 県立美術館
アクセス:岩手県交通バス駅大田線 県立美術館前下

作者:舟越保武県立美術館の「春」は、 姫神山を背に館側に向かって建っています。 薄衣の襞(ひだ)の繰り返しが軽やかなリズムを奏で、端正な立ち姿は舟越作品独特の気品に満ちています。

所在地 :盛岡市本宮字松幅 県立美術館
アクセス:岩手県交通バス駅大田線 県立美術館前下車

青年

作者:舟越保武旭橋のたもと、マリオスロードの下には、「青年」が建っています。 このロードの向こうには、盛岡の新たな観光名所ともなっている総合ビル、マリオスが建っています。

所在地 :盛岡市盛岡駅前通 旭橋・マリオスロード下
アクセス:でんでんむし号 盛岡駅前下車

バランサー

作者:本田貴侶盛岡の新興住宅地の一つ、松園中央公園には、 ピーンと張りつめた生命の躍動感がみなぎる「Balancer(バランサー)」が建っています。

所在地 :盛岡市東松園 松園中央公園
アクセス:岩手県交通バス駅上田線 東松園2丁目下車

シオンの像

作者:舟越保武盛岡駅からバスで約30分先のつなぎ温泉の 御所湖畔に建つのが「シオンの像」です。 御所湖は、高村光太郎の「乙女の像」のある青森県の十和田湖、 舟越保武の「たつこ像」のある秋田県の田沢湖とともに、“彫刻のあるみちのく三大湖”の一つに数えられています。

所在地 :盛岡市つなぎ 御所湖畔「つなぎ大橋」脇
アクセス:岩手県交通バスつなぎ温泉線 つなぎ温泉下車

ジーンズ

作者:佐藤忠良都南文化会館(キャラホール)西側公園には、若々しい健康美にあふれる「ジーンズ」 が建っています。

所在地 :盛岡市永井 都南文化会館西公園
アクセス:岩手県交通バス川久保線 都南商工会館前下車

啄木望郷の像

作者:照井栄青春と情熱の詩人・石川啄木。 郷土の山河を望む岩山山頂・啄木望郷の丘に、「啄木望郷の像」 が建っています。短い生涯を駆け抜けた啄木の鎮魂のためにつくられた像で、 ふるさと渋民の姫神山の方を向き、そばには「夫婦歌碑」もあります。

所在地 :盛岡市新庄岩山 啄木望郷の丘
アクセス:岩手県交通バス 岩山展望台下車