写真

歴史

じゃじゃ麺は「白龍(パイロン)」の創業者、高階貫勝(たかしなかんしょう)さんが戦時中に中国東北部(旧満州)で食べられていた家庭料理を、昭和20年頃、出身地である盛岡に引き上げ、その味を再現した事が始まりです。
始めた当初は何度もみそを作り直し、お客様の意見を取り入れ、盛岡の人々に受けいられる味に作り上げていったそうです。