石川啄木と盛岡hr
明治19年
(1886年)
2月20日岩手県南岩手郡日戸村(現玉山区日戸)の常光寺に生まれる。住職の父は一禎、母はカツ。本名 石川一(はじめ)
明治20年
(1887年)
渋民村((現玉山区渋民)へ転住。
明治24年
(1891年)

渋民尋常小学校に入学。

 

明治28年
(1895年)
盛岡市立高等小学校に入学。
明治31年
(1898年)
盛岡中学校に入学。
明治32年
(1899年)
蒟蒻版摺の雑誌「丁二会」発行。
明治33年
(1900年)
英語力を培おうと英語自主学習グループ「ユニオン会」を結成。回覧雑誌「二丁雑誌」第1・2号発行。盛岡女学校に通う堀合節子と恋仲になる。
明治34年
(1901年)
回覧雑誌「三日月」第3号「繭伎多麻」(にぎたま)第1号発行。「翠江」(すいこう)のペンネームで「岩手日報」に短歌を掲載(初めて活字となる)。

明治35年
(1902年)

文芸雑誌「明星」に「白蘋」(はくひん)の名で短歌を掲載。文学で立身することを決意し、盛岡中学校を退学。
上京して、与謝野鉄幹・晶子夫妻らと知り合う。
明治36年
(1903年)
渋民に帰郷。「岩手日報」に評論「ワグネルの思想」掲載開始。11月新詩社同人となる。初めて「啄木」の名で「明星」に詩「愁調」を発表。

明治38年

(1905年)

処女詩集『あこがれ』を小田島書房より刊行。堀合節子と結婚。文芸雑誌「小天地」を刊行。

明治39年
(1906年)

渋民尋常高等小学校の代用教員となる。
小説「雲は天才である」を執筆(生前未発表)。小説「葬列」は文芸雑誌「明星」(明治39年12月号)に掲載。
明治40年
(1907年)
函館市弥生尋常小学校の代用教員・函館日日新聞社の遊軍記者となる。函館の大火により職を失い、函館を去り、北門新報社(札幌)小樽日報社を転々とする。
明治41年
(1908年)
釧路新聞社に勤務。「紅筆便り」などを執筆。春、東京本郷に転住。
明治42年
(1909年)
東京朝日新聞社に校正係として採用。雑誌「スバル」を創刊(発行名義人)。健康上の理由により小石川へ転居。
明治43年
(1910年)
12月処女歌集『一握の砂』を東雲堂書店より刊行。
明治45年
(1912年)
3月、母カツ逝去。4月13日、友人若山牧水や妻節子らに看取られる中、肺結核にて世を去る。享年、若干27歳。死後、第二歌集『悲しき玩具』が東雲堂書店より刊行。
石川啄木    石川啄木ブロンズ像

 胸に郷愁を抱かせる歌を残し、わずか26歳で夭逝した石川啄木。岩手郡日戸村(現:盛岡市玉山区)常光寺住職の父・一禎と母・カツとの間に生まれた彼は、父の転任により渋民村宝徳寺(現:盛岡市玉山区)に移ります。

 盛岡高等小学校を経て盛岡尋常中学校(後の盛岡中学)に128人中10番の成績で入学。地元新聞に短歌を投稿する、進取の気質に富んだ才気煥発な少年でした。そこでは彼の人生に大きな影響を与え生涯の友となる、言語学者の金田一京助にも出会います。

 しかし啄木は中学を中退し上京。当時、歌壇ではきら星の如き存在であった与謝野鉄幹・晶子らに巡り合い創作活動に没頭。処女詩集『あこがれ』を出版しました。その後、就職もままならずに帰郷、渋民尋常高等小学校の代用教員を務めたのち、北海道に渡り各地の新聞社で記者をしています。

 その後また、単身東京で生活を始め、与謝野夫妻が主宰する『明星』にも短歌を発表し、多くの文人と親交を深めました。そして明治42年(1909)、文芸雑誌『スバル』の発行名義人となり、森鷗外・高村光太郎らと新たな活動の場を見出しています。明治43年(1910)には、処女歌集『一握の砂』を発表。新しい光を世に放つ551首が納められた歌集です。

啄木は貧窮と病に冒された漂白の生活の中、文芸創作への強いあこがれと情熱に突き動かされ、小説や短歌を綴り続けました。故郷玉山や青春時代を過ごした盛岡の山河や季節を瑞々しく歌ったものや、人生をじっと深く見つめた哀歓漂う歌は、今なお私たちの心に鮮烈に届いて来ます。


盛岡啄木さんぽ

あこがれ

盛岡城跡公園(岩手公園)   詳細情報はこちら

かつて不来方(こずかた)城跡とも呼ばれた盛岡城跡は、今は市民の憩う盛岡城跡公園(岩手公園)になっています。春は桜の名所として、夏は街の中心に緑の木蔭をつくり、 秋は見事な紅葉に彩られます。そして冬は墨絵のような雪景色にすっぽりと包まれ、ライトアップされた 石垣が幻想的な冬の夜を演出します。カエデやケヤキの巨樹、チューリップツリーとも呼ばれるユリノキの 並木が茂り、川に面しては南部鉄器のベンチや街路灯が並んでいて、心地よい休息場所を提供しています。城跡の石垣は、盛岡産の花崗岩を積み上げたもので、東北三大城跡の一つとして知られています。 若き日の啄木や 賢治は、こよなくこの城跡を愛し、数々の名作を残しています。

あこがれ

啄木新婚の家   詳細情報はこちら

明治38年5月、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、 東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、 年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。しかし、父母と妹が同居する新婚生活は窮迫し、そこでの生活はわずか3週間。 同7月に市内の加賀野磧町(現在の加賀野1丁目)に移り住みます。その時の様子は随筆「我が四畳半」に描かれています。 かやぶきの屋根など当時と変わったところもありますが、ほぼ当時のまま現存しています。 啄木の書や写真なども展示されています。

あこがれ

啄木望郷の丘(岩山)   詳細情報はこちら

高さ345メートルの岩山山頂近くが公園として整備され、「啄木望郷の丘」としても親しまれています。「啄木望郷の像」はふるさとの姫神の山にむかい、啄木がもっとも愛した「岩手山 秋はふもとの三方の 野に満つる蟲を何と聴くらむ」の望郷歌が刻まれています。そばには全国的にも例をみない詩人夫妻の"夫婦歌碑"が建てられ、啄木の「汽車の窓はるかに北に故郷の山見えくれば襟を正すも」と妻節子の「光淡くこほろぎ啼きし夕より秋の入り来とこの胸抱きぬ」の二首が刻まれています。志半ばにしてわずか20代の若さで貧しさのうちに病に冒され、相次いで世を去った二人は、今は歌となってふるさとの山河を見つめています。この公園の上にある岩山展望台からは、北上川・中津川・雫石川が流れ遠くに岩手山や姫神の美しい峰を望む「杜と水の都」盛岡を360度のパノラマで見下ろすことができます。

あこがれ

「小天地」発行所跡地   詳細情報はこちら

石川啄木が、新婚の家を出て移り住んだ 加賀野磧町での生活は、明治38年7月から翌年3月に代用教員として渋民に帰るまでの9ヵ月間続き、啄木の生涯にとっては記念すべき日々でした。ここで啄木は一家の窮状を打開するために友人の援助を得て文芸誌「小天地」を発行しました。これには与謝野鉄幹、金田一京助なども寄稿しています。

あこがれ

天満宮   詳細情報はこちら

文章・和歌の神、菅原道真(すがわらのみちざね)をまつる、市内天神町の天満宮(てんまんぐう)の丘は、 石川啄木の中学時代は天神山と呼ばれ、啄木お気に入りの散策と読書の場所でした。盛岡天満宮の独特の顔をした狛犬(こまいぬ)さまは、いまは啄木の歌碑の上に鎮座しています。啄木の「葬列」という小説に登場するのは、この狛犬という説で、「俺は生まれてから未だ世の中といふものが西にあるのか東にあるか知らないのだ、と云つた様な顔だ。」と啄木は言っていました。

あこがれ

報恩寺・五百羅漢   詳細情報はこちら

報恩寺(ほうおんじ)は広大な座禅堂と五百羅漢(ごひゃくらかん)で藩政時代から有名です。 石川啄木がまだ盛岡中学の学生だったころ、この北山一帯の風光をこよなく愛し、級友とよく散策したといわれます。詩集「あこがれ」の中の「落瓦の賦」は報恩寺をうたったものです。また、 宮沢賢治は 盛岡高等農林学校時代に報恩寺で参禅したりしています。

あこがれ

龍谷寺   詳細情報はこちら

龍谷寺(りゅうこくじ)は明治4年から明治28年まで 石川啄木の母方の伯父、 葛原対月(かつらはらたいげつ)が住職だったお寺です。 対月の弟子であった啄木の父、 一禎(いってい)と対月の妹であった啄木の母カツが結ばれたのもこの寺でした。対月は早くから和漢の書を修め、 易学、茶道に通じていましたが、特に和歌に関しては一禎に大きな影響を与えました。 少年時代の啄木はしばしばこの寺を訪れ、伯父の対月から詩歌の手ほどきを受けたといわれています。 境内には、国の天然記念物「もりおかしだれ桜」もあり、 春になると市民の目を楽しませてくれます。

そのほかの観光名所

 少年啄木像
 不来方址詩歌
 啄木駅前歌碑